退職24日目! 人生のたな卸し!

コロナの入院中に人生のたな卸しをすることにしました。

 

ノートに、

「これからの人生でたいせつなこと」

と、一行かきました。

 

当時、ノートに書いた言葉をそのまま以下に書きます。

 

 

・ずっと働ける仕事 → お金 → 最小限の暮らし → 少しのお金

 

・健康  (ママ、子供に迷惑かけない)

 

・時間 (心のゆとり、本読む時間 散歩)

 

・自分を大切にすることが大事と気付いた。

 

・楽しくないと続かない。

 

・急ぐ、焦る、クセを無くす。

 

・客観的に自分を見る。

 

・自分を悪く考えない。根本的な原因を探る。

 

・「~できたらいいなあ~」くらいの気持ちでモチベーションを上げる。

 

・コロナで心と身体を休めることができた。感謝したい。人生を見つめなおす時間となった。

 

・「なあんだ」皆、あまり変わりないな~。

 

・「ちょうどいい」→一度立ち止まって考える事ができる。

 

・「いいじゃん」「いいじゃん」→周りを受け入れる。

 

・「やる気」があるときは、資格や昇給の目標を持っていた。それが必要

 

思いつくがままに当時のノートにしるされてありました。

 

さらに別なページでは・・・

 

自分にとって大事なものを10個書き出していました。

これは、自分にとっての大事な「価値観」の優先順位です。

 

1.家族 → 家族=人生と思っている

 

2.健康 → 家族を守るにも健康第一

 

3.笑い → 幸せな人生となる

 

4.体力 → 健康に生きる上で必要

 

5.余暇 → 心にゆとりがないと楽しくない

 

6.寛大 → ゆとりがあって寛大に許せる

 

7.情熱 → 打ち込めるものがほしい

 

8.性愛 → ママと豊かになりたい

 

9.礼儀 → 自分を律する

 

10.安定 → 心のゆとりのため

 

この10個のキーワードがわたしの人生の優先順位となりました。

 

これらのキーワードはスマホで「人生のたな卸し」と検索したら、40個のキーワードがでてきて、その中から自分にとって大事なキーワードを10個選びなさい、またその理由を書きなさい、といった記事がありましたのでやってみました。

 

改めてみると、「そうだよな!」と自分で納得しました。

 

これらを、自分にとっての指針にしたいとおもいます!

 

つづく・・・

 

今は、今日も良い一日でした(^^)/

 

退職23日目! お金の勉強!

さっそく、両学長の著書「お金の大学」を読みました。

 

そこには、5つの力が書いてありました。

 

  • 貯める力
  • 稼ぐ力
  • 増やす力
  • 守る力
  • 使う力

まずは「貯める力」だ。

【支出を減らして貯蓄を増やす】

 

家の固定費を見直すことから始めよう!

 

「今、家の固定費ってどんな感じなんだろうか?」

「何にお金がかかっているんだろう?」

「貯金はあるのかな?」

 

いろいろな疑問が頭に浮かんできます。

 

そもそも、

「俺、なんも知らないや・・・」

 

今まで、何も考えなくて生きてきたんだな・・・

 

考える余裕すら無かったなぁ・・・

 

 

わたしは毎月5万のお小遣いをママからもらっていました。

その5万円の使い道しか興味がありませんでした。

 

会社の部下たちの飲み食いに消費することがほとんどでした。

残ったり、足りなかったり・・・

 

出張が多い仕事だったので、「出張手当が残ってラッキー」とか、

飲み食いしすぎたな・・・とか、本当にその程度でした。

 

これはヤバいぞ・・・

 

自分の人生を考え直そう、

 

この、入院の時間は神様からの「喝!」なのかも知れない!

 

「おまえは何も知らないから、勉強しろ!」

 

って、言われているんだ!

 

少し、前進している自分がそこにいました。

 

看護師さんに、「ローソンのお買い物」で

  • ノート
  • 3色のボールペン

を、お願いしました。

 

最初にノートに書いた一行は、

 

「これからの人生で大切なこと」

 

と、書きました。

 

お金の勉強 = 人生の見直し

なんだか、テーマが大きくなってきたな。

 

いっそ、人生のたな卸しすっか!!

 

 

つづく・・・

 

今は、今日も良い一日でした(^^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

退職22日目! 入院の時間で勉強!勉強!

入院中、わたしはテレビを一回もつけませんでした。

 

テレビは暗いニュースで気分がさがったりします。

 

スマホの動画を見ることが多かったです。

 

入院の初めのほうは、アマゾンプライムでアニメをよく見ていました。

 

「ナルトの忍界大戦シリーズ」を見ていました。・・・面白いけど、とにかく長い(^_^;)

 

あまりにも時間がかかるので、youtubeでまとめられた動画があったので、結局それを見ました。(^_^;)

 

面白かったけど、時間がもったいないような気がしました。

 

せっかくの一人の時間なんだから、有意義に使いたいと思ってきました。

 

 

キンドルも持っていってましたので、読書することにしました。

 

 

f:id:TOMOGON:20210723065145j:plain

Kindle Paperwhiteを持っていきました。

病気でしたが、体調はそこまで悪くなく、本は十分に読めます。

 

「そうだ、何か勉強しよう!」

 

そのころ、youtube動画で、「両学長、リベラルアーツ大学」に出会い、

楽天経済圏」を紹介する動画を見ました。

 

 

「これだッ!」

 

「お金の勉強をしよう!」

 

この入院中の時間を使ってお金の勉強をしようと思いました。

 

わたしはキンドルでお金の勉強になる本を探しました。

 

すると・・・

 

「本当の自由を手に入れるお金の大学」

 両@リベ大学長(著)  に出会いました!

f:id:TOMOGON:20210723071031j:plain

「本当の自由を手に入れるお金の大学」両@リベ大学長



わたしはすぐにダウンロードし、本で勉強することにしました。

 

この本はとても読みやすく、イラストもわかりやすく、頭にスッと入ってきます。

 

勉強!勉強!

 

最近、勉強するなどの意欲がありませんでしたが、「勉強がしたい!」といった欲求が湧いてきました。

 

自分のためになる!

 

この頃からか、「このまま退職しようかな」・・・といった考えが少し芽生えてきました。

 

自分の人生をやり直そうかな?

 

会社を退職したらどうなるんだろう?

 

生活していけるのかな?

 

家のお金はいくらあるのかな?

 

なんか、いろいろな事を考え始めました。

 

つづく・・・

 

今は、今日も良い一日でした(^^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

退職21日目! 入院生活の楽しみ!

入院生活は2週間でしたが、妻が2日目に入院してきて、わたしと妻の症状が落ち着いてきたのが4日目ぐらいでした。

お互いに熱も、酸素飽和度も良好です。

 

そんな中、楽しみとなると、「食事」でした。

贅沢を言ってはいけませんが、最初は残してばかりでした。

とにかく味が薄く、ぬるい・・・(病院の方、本当にごめんなさい)

 

わたしと妻は考えました。

 

「白ごはんのお供を買おう!」

 

これも楽しみの一つなんですが、病院の1階には小さな「ローソン」がありました。

1日に看護師さんが「3つ」まで何か買い物してくれるのです。

支払いは最初に「クオカード」を購入します。

これがなんとも楽しみでした。

 

その「3つ」何にするのか慎重に考えないといけません。

 

妻は「味のり」「ふりかけ」「マヨネーズ」を買ったそうです。

 

ナイスアイデア

 

わたしも早速、お願いしました。

 

今まで残していた「白ごはん」が進む!進む!

 

それとともに、オカズも食べるようになりました。

 

妻は「白ごはんをパンに替えることもできるよ!」

 

これは嬉しい!

 

わたしは朝「パン」にしてもらい、切れているバターをローソンで買ってきてもらいました。

 

食べることが本当に楽しみでした。

 

一週間の献立が出るようになり。

 

今日は「チャンポン」だ!

「唐揚げ」だ!

とか、ひそかな楽しみでした。

妻は「ローソン」でサラダを買ってきてもらい、パンにはさんで「サンドイッチ」で食べていたそうです。

・・・なんとも知恵が働く・・・(^_^;)

 

ローソンでのお買い物は「柿ピー」や「甘いもの」をよく買っていました!

 

f:id:TOMOGON:20210722071251j:plain

今日の楽しみ!(^^♪

 

 

そんなこんなで、病院生活は続きます!

 

人間、環境に対応していくんだなあ~・・・

 

つづく・・・

 

 

今は、今日も良い一日でした(^^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

退職20日目! お気楽な入院生活!

妻とのコロナでの入院生活がはじまりました。

 

点滴が効いたのか、二人とも肺炎は回復方向になりました。

 

コロナの診断では、重症度の分類があり、「軽症」、「中等症」、「重症」があります。

わたしたち二人とも「中等症」と診断されていました。

しかも、その当時はまだ珍しい「変異株」でした。

妻の方は、点滴を打ち始めたころは、食事をもどしたりと少しきつかったそうです。

 

でも、入院3日目ごろから、ほぼ症状が無くなりました。

 

一日のスケジュールは、

朝6時に「検温」と「酸素飽和度」を測る放送があります。

8時に朝食。

10時にストレッチ(入院で寝たままだと、足に血栓ができやすくなり、エコノミー症候群となるため、軽い運動をするため、運動の先生?が来てくれます)

12時 昼食

14時 またストレッチ(^_^;)

18時 夕食

21時 消灯(個室だから電気はつけても大丈夫です(^^♪)

となります。

 

食事は個室の出口に配膳され、配膳されると放送がかかります。

その食事をとるときは、患者さんが出口に現れるので、わたしと妻はその時に顔を見合わせてお互いに手を振り合っていました。

それを見た看護師さんから、「はいはい、お邪魔でしたね~」とか、よく冗談を言われました。(^_^;)

 

お互い違う部屋で食事をとり、そのあとは自由時間!

 

わたしはスマホを見たり、妻はテレビでサスペンスを見まくっています。

 

不謹慎ですが、ちょっとした旅行気分でした。

 

妻の部屋にはシャワー室があり、1週間後くらいから、夫婦という事で、

「シャワーの時は奥さんの部屋に行ってもいいですよ」と許可がでました。

それまで、シャワーは共同のシャワー室で少し使いづらかったので、非常に助かりました。

妻の部屋に行き少し話す時間がありました。

その時にお互いの症状を確認しあったりできました。

 

本当に本当に不謹慎ですが、2回目の新婚旅行となりました。

 

つづく・・・

 

今は、今日も良い一日でした(^^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

退職19日目! 妻と一緒にコロナの入院生活!

わたしが入院して2日後、自宅療養していた妻から電話がありました。

 

妻の症状が悪くなり、熱が上がってきたとの事でした。

 

妻は保健所の方の指示に従い、近くの総合病院にCTの検査に行きました。

 

結果は

「コロナで肺炎になっています!」

「今日、入院してください!」

とのことでした。

 

妻も肺炎・・・大丈夫かな・・・

ものすごく心配でした。

 

妻から電話があり、

「パパと同じ病院で入院することになったよ!」

「一緒の病院で良かった!」

妻の声を聞くと大丈夫そうで、すこし安心しました。

 

妻は自分で車を運転し、病院にきました。

 

部屋はわたしの部屋の一つ飛びの個室です。

 

もちろん接触はできません。

 

病院の先生が

「奥さんも病室に入られました」

と教えてくれました。

 

保健所の方が夫婦だから一緒の病院にしてくれたのかな?

配慮してくれたんだろうな。

ありがたい・・・

 

本当に良かったです。

 

妻もわたしと同じ、注射、点滴の洗礼を受けました。

 

妻の点滴が終わると連絡をとりました。

 

妻は

「一緒の病院で良かったね!」

と嬉しそうでした。

 

夫婦でコロナの入院・・・

なんとも複雑な気持ち・・・

 

妻から

「パパが持って行ったWI-FIの電波が使えるよ」

「ラッキー!」

 

病院はWI-FIの設備がなく、わたしはポケットWI-FIを持って行っていました。

一つ飛びの部屋でも、電波が入るみたいです。

 

妻が入院し、なんだか気持ちが楽になりました。

これまでは、コロナで会社に迷惑かけた・・・

妻にまで移してしまった・・・

なんて最悪なんだ・・・

と悲観的な考えでしたが、

 

WI-FIが使えてラッキー!」

の言葉で、少々気が抜けました。

 

お気楽な夫婦での入院生活がはじまりました。

 

つづく・・・

 

 

今は、今日も良い一日でした(^^)/

 

 

 

 

 

 

退職18日目! コロナの入院生活!

コロナの入院生活が始まった。

 

市立病院で2年前に新設されたばかりです。

 

とてもキレイな個室で、トイレ、洗面台、テレビ、冷蔵庫もあります。

 

景色がキレイで、街並みと山が一望できました。

 

着くや否や、採血、注射、点滴が始まりました。

 

f:id:TOMOGON:20210719070201j:plain

痛くはありませんでしたが、点滴の針がなかなか入らないので、何回も刺しなおしでした!

 

生まれて初めての入院。

 

テレビも音楽もつけずに、点滴の「一滴、一滴」を2時間みつめていました。

 

人生が転がっていく・・・

 

どんな場所に転がっていくのかな・・・

 

 

夕食の時間です。

 

個室の前に用意されていたので、点滴を付けたままお膳を取りに行きました。

 

食事は・・・

 

贅沢は言いませんが、おつゆがぬるく、味付けも薄い・・・

 

少ししか食べることができませんでした。

 

贅沢は言いませんが・・・妻の料理が食べたい・・・

 

 

個室なので、電話は使っても大丈夫です。

 

わたしは夜、妻に電話しました。

 

妻に病院の事、点滴の事、食事の事など話しました。

 

今まで病気したことなかったのに、一気に精神的、肉体的な病気になりました。

 

すこし気持ちが小さくなっていました。

 

でも妻と電話をすると、心が少し晴れました。

 

妻もコロナなのに・・・

 

妻も熱が少し上がってきたそうです。

 

心配だ・・・一緒に入院できればいいのに・・・

 

 つづく・・・

 

 

今は、今日も良い一日でした(^^)/